読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人が褒められると惨めになる

私は目の前で他の人が褒められるのを見ると惨めな気持ちになることがある。

毎回ではないけれど例えば私と友達がいた時にその子ばかりかわいいだのなんだの言われて私にはなにも言われない時とか惨めというよりなんだか褒めてる人に怒りが湧いてくる。


こんなことがあった。初対面のおばさんが私の前で目の前にいない友人をあの子可愛い子ね〜。芸能人の〇〇ににてるわ〜とか褒めちぎり出した。そのときなんなんだろうこいつと思った。本人に言えばいいのにどうして私に言うんだろう?これじゃ間接的に私のことをブスって言われたのとおなじなんだけど…とモヤモヤした。

ちなみにそのおばさんは歯茎やら頬骨やら色々出ていたとんでもないブサイクだったのでお前と比べたら私だって充分かわいいのになにこいつ死ねよ。と思ってしまった。

この件はかなり根に持っていてなんとか共通の知人からそのおばさんのFacebookでも特定して嫌味でも送ってやろうかと探したこともあったが歯茎くらいしか覚えてなかったので見つけられなかった。

 

いろんなサイトに人を褒めることはいいことで特にその場にいない人を褒めることはとても優れた人格の持ち主とか書いてあるがなんだか嘘くさい。

人が褒められたのを見て嫌な気持ちになるのは自己愛性人格障害だの常に自分が注目されていないと嫌な人だの書いてあるけど本当にそうだろうか?


心に余裕がないとか劣等感が強いとかそういう私の心だけの問題なのだろうか。

それもあるかもしれないけど目の前で違う女の子をずっと褒められて私はずっとスルーな場面は本当に泣きそうになる。一見誰も傷つかない優しい場面なのに死ぬほど辛い。

その場のみんなに優しくお前には興味ないし価値もないよって言われてるみたいな気持ちになる。

それを私に伝えようって意図はないかもしれないけど実際に私に興味なくてその人の中では価値がないからそういう態度なんだろうなって思う。

勝手に違う子と比べられて優劣を裁かれた挙句負けの烙印を押された感じ。強制的にミスコンに出場させられて一方的に負け宣告された感じ。

私はそういうときはっきり私に悪意を向けられたわけではないからなにも言えない。

そんなときいつもこの中の誰かが私に嫌味のひとつでも言ってくれたらいいのにって考えてる。

そうしたら待ってましたとばかりに罵倒を返してやれるのに。

でもそんなことは一度もないしただ、嫉妬なんてしてませんよってパフォーマンスのためにその子を形式的に褒めることを半強制され固まった笑顔を作ってその子を褒める。

 

これを読んだら私がブスなんだから仕方ないとかの感想が出てくるんだろうけど別に私はブスじゃない。顔の見えないネットでいくら具体的に証明したところでブスだと思いたい人は何言っても嘘かそういうのは実はブスだからだのとネットにありがちな「本当の美人論」を持ち出してくるだろうことがわかり切ってるので割愛する。

こんどはそういう捻じ曲がった性格が顔や態度に出てて嫌われてるとかそういうスピチャルな反論が出てくるんだろう。

人の本性なんてそんなに簡単ににじみ出ない。そういうのは顔から勝手に受けた印象に近い行動だけを拾ってるんだと思う。

褒められてる女の子はいい子って言われてるけど本当は人を見下す癖があって友達がどんどん離れていくようなタイプだったりするけどよく知らない人は可愛いいい子だと思っている。

 

なにが言いたいかと言うと偏って人を褒めるのは素敵でも人を幸せにする素敵なことでもなんでもなく褒められなかった人が惨めな気持ちになる最悪の話題だと思う。