読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジション美人

閉鎖的なコミュニティでポジション的に美人キャラになっている、特に顔の造形は美人でもなんでもない女が大嫌いだ。

 

なんであいつが…という嫉妬もあると思うがそれだけじゃない。

 

例えば陰キャラばかりのグループやサークルなんかは男女問わずほとんどの人がブサイクな傾向があるが、その中で比較的マシな造形の女の子か、ひどい場合はスカートを履いてるとかメイクしてるとかモテ系に近いファッションセンスをしているからとかそんな理由でサツマイモみたいな顔の女がものすごい美人として扱われる。男の場合もジャガイモの集団の中の比較的形が整ったジャガイモがイケメンとされる。

 

オタサーの姫みたいな理屈に近いのかもしれないが、一般的なオタサーの姫がフリルを多用したアクシーズ的なファッションなのに対して美人ポジション女は女子アナ系に近い服装やメイクのことが多い。

近い、と言うのは女子アナ系の中では同じカテゴリにされたくないほどお粗末な完成度だったりするからだ。しまむらで買った安物の服でもなんとなくモテ系や女子アナ系の雰囲気さえ出しておけばいいからだ。

 

これの疑似女子アナ服はオタサーの姫的なフリルファッションよりキモオタ集団の中でかなり有効に働くのではないだろうか?

オタサーの姫がフリルを着るのは、オタクの中で、フリル=女=マンコがついてる、みたいな図式だと思われる。

オタクもネットで嫌と言うほど流れてくる情報によってアクシーズ系の服=ブスくらいの見解は持ち始めてしまった。

 

しかし女子アナ服は、そのファッションを選択することによってオタクの中で女子アナ服=美人という図式に入るのではないかと思う。

実際にモテ系ファッションをするのは平均よりスクールカーストが高く可愛いとされている女の子が多いため、記号的にオタクは女子アナ服を着ている女をモテる美人と認識してしまう。オタクは外部の女性への容姿の評価は厳しいが、仲間と認識した女性への容姿の評価は驚くほど甘いからだ。

一度集団内で美人とされてしまえば、よく見たら歯茎が出ていようが分厚いまぶたにアイプチをして白目を剥いていようがその女は美人でいられる。

この女を美人ということにしなければいけないという無言の集団の圧力が作用するからだ。

この女実際はブスじゃね。なんてとてもじゃないけど言えない空気になる。

もし言ったら男なら女の子に酷いことを言う奴。女なら嫉妬するブス認定されるからだ。

 

しかし、その女が美人というのはあくまでその集団内だけの話だ。

たとえば居酒屋などの大学のサークルのような集まりで微妙な女をやたら持ち上げているキモい男の集団なんてよく見かける光景だと思うが正直見ていられないほど痛々しい。

 

集団で暗示にかかっているカルト宗教の信者の集会を見てしまったような気分になる。

 

ポジション美人も満更ではないようで、ポジション美人になれなかった、素の造形では同じようなレベルの女の子を下に見だす。

当然反発もあるだろうがそのポジション美人をこの集団内の飛び抜けた美人だと思ってる男にはもはやブスの嫉妬にしか見えない。

男からしたらキモオタとは口も聞かないようなスクールカースト高位のモテ系美人が自分と話しているような感覚になるのかもしれない。

ポジション美人のなにが嫌かというと、安っぽい服を着た山出しのようなブスを美人と思わされる集団催眠のような同調圧力と、本来造形的な美醜とは関係ないはずの男に迎合した性格なんかで一人の美人を決め、他の女を間接的に貶める図式が出来上がることだ。

 

そしてそのポジション美人と付き合うことはその集団内で一目置かれることも意味するからポジション美人はモテる。

美人という記号を手に入れて自分の価値を高めたいという気持ちと同調圧力的にみんなこの子が好きであるべき、みたいな空気になってしまう場合もある。

 

ポジション美人は実体がない。ただその場に美人とそれ以外のような構造を作りあげるための傀儡のようなものだろう。

私はそれ以外に分類された女の子の気持ちを考えると悲しくなる。

 

自分と大差ないサツマイモのような女が美人とされ自分はブスかその他大勢みたいな扱いの差の理不尽さ。それを言ったところで嫉妬で片付けられる悲しさ。

ポジション美人とその他の分かれ目なんてモテ系の服を着てキャバ嬢的な男に迎合的な態度をうまくとれたかどうかの違いでしかない。キャバ嬢でも家庭的でもおっとりでも不思議ちゃんでもなんでもうまくその場の発言権の大きい男を嗅ぎつけていち早く媚を売ればポジション美人になれる。

〇〇ちゃんが一番かわいくて他は残念だの〇〇ちゃんが飛び抜けてかわいいだの言われるのにその〇〇ちゃんがブスだから歪で理不尽だ。

つまり、男に迎合してモテる子と造形的に綺麗な子とコミニュケーション力が高い子とかわけて考えればいいのにすべてごちゃまぜにするからこんなことになる。

ポジション美人は美人ではなく美人の記号を身につけたブスなんだけどブスを美人に変換できるなら美醜に囚われなくてもいいような気がする。

美人とブスの扱いの差なんてよく取り上げられるが美人ポジションとブスポジションの扱いの差ということもあるかもしれない。

あまりにもともとの造形レベルが違う子が同じ集団内にいることは少ないし、学校や職場ならともかくプライベートで交遊する関係になんてほとんどならないだろう。

腐女子が言う美人がスカートを履いて化粧をして髪が長い人という条件を満たした人のことみたいな感じだ。

つまり美人ポジションの女がいい扱いを受けているに過ぎない。

つまり造形的な美醜なんてほとんどだれも問題にしてないのにブスポジションに置かれた人は自分の造形がものすごくブサイクだからだと悩むことになる。

比較対象になる美人の造形が美しくないためアレ以下とか自分は相当ひどいと思ってしまう。

ポジション美人は美人ではなく美人というポジションの人で造形的には往々にしてブスであったりするのに、造形的にも美人だということになりがちだ。

私はそれが不愉快だ。